ホーム>軍用ベレー帽のかぶり方

軍用ベレー帽のかぶり方

軍用ベレー帽のかぶり方

軍用ベレー帽の特徴

軍用ベレー帽の特徴

軍用ベレーというのは、軍隊で使われるベレー、もしくはそれをイメージして作られたベレー帽のことを言います。実際に、第二次世界大戦以降は各国の軍隊においてこのベレーが取り入れられ、現在でも多くの軍隊で使用されています。

軍隊で用いられるようになったのは、エリート感の象徴として、または軍隊としての統一感を持つために使われたことがきっかけになっていると言われています。

軍用ベレーの最大の特徴は、縁の部分にあります。
バスクベレーにはない縁取りがされており、多くの場合皮などでトリミングされているものが多いです。
カラーリングに関しては、カーキやグリーン系、それ以外でも濃い色のものが多いのが特徴です。

軍隊で使われているというイメージから男性的ともいえる軍用ベレー帽ですが、女性にも人気があり、カジュアルなスタイルにエッジを利かせるアイテムとして使われることが多い帽子です。

軍用ベレー帽の魅力

軍用ベレー帽はアクティブなイメージを感じさせてくれるのも魅力です。
かぶり方は十人十色で、見る角度によって造形が変わるために個性も出ます。
ベレー帽の色は、兵科によって決められているので、色々リサーチしていくと奥が深くて面白いものです。

かぶり方のコツ

かぶり方のコツ

軍用ベレーはそのかぶり方を楽しむことができる帽子です。
まず基本となるのが、軍用ベレーの膨らんだ部分をどちらの方向に垂らすかということです。

かぶって自分から見て右側に垂らすのがイギリス式、左側に垂らすのがフランス式となっています

どちらのかぶり方が正しいと言うことはもちろんありませんので、ご自身の好みに合わせたかぶり方を楽しむのがベストです。

男性は前髪を出さずに、眉毛の上指1、2本程度の高さでかぶるのが良いでしょう。
女性の場合は、前髪を出したり、生え際を敢えて見せるなど、かぶり方を工夫をして楽しむこともできます。
その日の気分や合わせる服によって色々なかぶり方を試してみると良いでしょう。

イギリス式とフランス式

イギリス式…徽章を左側につけて、布を右側にたらす。

フランス式…徽章を右側につけて、布を左側にたらす。

ロスコ 軍用ベレー帽

ロスコ 軍用ベレー帽

比較的リーズナブルな価格でロスコ社から販売されているベレー帽は、裏側に硬い台座がついており軍章・部隊パッチ等がつけられるようになっています。
部隊章ピン付のモデルもありますが、ご自分の好みの部隊のものを付けて、自分だけのお気に入りのファッションを楽しむことができます。

ワンポイントアドバイス

まず最初に熱湯等で洗ってください。
折シワも取れますし、若干縮みますので自分の頭にあうように型を整えて被りましょう。
ベレー帽の被り方は、各軍隊によっても独特なバリエーションがありますので、お好みの部隊の被り方をマネてみましょう。

※ピンの取り付けは、最初にピンを取り付け位置をきめて、鋭利なもので穴を開けてください。
ピンの針等は折れやすいので気をつけて取り付けてください。

軍用ベレー帽の通販ショップ